dミュージック月額コース サービス案内ページ

dミュージック(月額コース)ご利用規約

株式会社NTTドコモ(以下「ドコモ」といいます。)がお客さまに提供するdミュージック月額コース (以下「月額コース」といいます。)は、月額コースのご利用にあたり適用される5Gサービス契約約款、Xiサービス契約約款またはFOMAサービス契約約款、spモードご利用規則およびspモードご利用細則(以下併せて「spモードご利用規則等」といいます。)のほか、このdミュージック月額コースご利用規約(以下「本規約」といいます。)に従って提供されます。お客さまがspモードご利用規則等および本規約(総称して以下「本規約等」といいます。)に同意されない場合、月額コースをご利用いただくことはできません。本規約とspモードご利用規則等に矛盾する部分がある場合、本規約において別途定めが無い限り、当該部分については本規約が優先的に適用されます。

第1条(月額コースの概要)
  • (1)月額コースは、月額コースの利用に係るお客さまとドコモとの間の契約(以下「月額コース利用契約」といいます。)に基づき、ドコモが別途指定する音楽、ビデオその他のコンテンツ(以下、月額コースにおいて提供される音楽、ビデオその他のコンテンツを「対象コンテンツ」といいます。)をお客さまが視聴することができる月額定額制サービスです。
  • (2)月額コースにおいてお客さまがご利用になれるサービス(機能)は、次のとおりです。
    ①対象コンテンツを月額コース対応端末(第4条第4項に定義します。)でストリーミング再生、停止等する機能
    ②対象コンテンツを月額コース対応端末にキャッシュ保存し、キャッシュ保存された対象コンテンツを再生、停止等する機能
    ③ドコモ所定の専用アプリケーション(以下「専用アプリ」といいます。)で対象コンテンツの視聴履歴およびお気に入り登録履歴などの情報を閲覧する機能
  • (3)月額コースのご利用に際し、ドコモは次の各号に定める方法のうちドコモが指定する方法により認証します。認証ができない場合、お客さまは月額コースをご利用いただけません。
    ①月額コース対応端末にかかる端末識別番号により認証する方法
    ②ドコモが別途定める「dアカウント規約」又は「ビジネスdアカウント規約」(以下「dアカウント規約」といいます)に定めるドコモ回線dアカウント又はドコモ回線ビジネスdアカウントのID/パスワード(以下「アカウントID等」といいます。)により認証する方法
    ③上記①または②のいずれかの認証方法によりお客さまが月額コースのwebサイトにアクセスされた際にドコモが発行したCookieにより認証する方法
  • (4) お客さまは、アカウントID等を善良なる管理者の注意義務をもって第三者に知られないように管理し、これを第三者に対して開示し、利用させ、又は貸与、譲渡、売買等してはならないものとします。
  • (5) ドコモは、第3項各号により認証がなされた場合、当該認証がお客さま以外の第三者によって実施された場合であっても、お客さま本人によるものとみなします。
  • (6)ドコモは、お客さまにあらかじめ通知することなく、対象コンテンツおよび月額コースの内容(月額コースで提供される各種情報を含みます。)および仕様を変更し、それらの提供を停止または中止することができるものとします。
  • (7)月額コースは日本国内でのみ提供します。
  • (8)ドコモは、月額コース内の各コーナーにおいて、個別の規約等(以下「個別規約等」といいます。)を定める場合があります。お客さまが当該コーナーをご利用される際には、当該個別規約等に定める利用条件も併せて適用されますので、当該個別規約等を事前に十分にご確認の上、ご利用ください。なお、本規約と個別規約等に定める利用条件が異なる場合は、特段の定めがない限り、個別規約等に定める利用条件が本規約に優先して適用されるものとします。
第2条(本規約・個別規約等の変更)
ドコモは、次の各号に該当する場合は、お客さまへドコモが適切と判断した方法にて公表又は通知することにより、本規約の内容を変更することができるものとし、変更日以降はこれらが適用されるものとします。
① 本規約の変更が、お客さまの一般の利益に適合するとき
② 本規約の変更が、月額コース利用契約の目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、変更の内容その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき
第3条(対象コンテンツについて)
  • (1)対象コンテンツの使用(対象コンテンツの視聴を含みます。)に関する条件については、ドコモが個別の対象コンテンツについて別途使用条件を定めない限り、第4条に定める対象コンテンツの使用条件が適用されます。なお、各対象コンテンツについて、ドコモが別途使用条件を定める場合には、お客さまは、対象コンテンツのご使用に当たり、本規約等のほか、ドコモが別途定める使用条件等を遵守いただく必要があります(各対象コンテンツについてドコモが別途使用条件等を定める場合には、各対象コンテンツの紹介ページ(リンク先を含みます。)上に表示します。)。
  • (2)対象コンテンツのご使用には専用アプリが必要となり、専用アプリのダウンロード時およびダウンロード後のご使用に際する通信時には別途通信料がかかります。なお、専用アプリの使用条件は、当該専用アプリ上に定めるものとします。
  • (3)対象コンテンツの視聴には、第5条第1項に定める月額コースの利用にかかる対価(以下「月額コース利用料」といいます。)のほか、別途通信料がかかります。
第4条(対象コンテンツの使用条件)
  • (1)ドコモは、本規約等の定めに従って対象コンテンツを使用していただくという条件において、対象コンテンツの日本国内における非独占的かつ譲渡不能の使用権を、お客さまに対して有償で許諾します。
  • (2)対象コンテンツにかかる著作権その他の知的財産権等の全ての権利は、対象コンテンツにかかる権利者に帰属するものであり、本規約等による対象コンテンツの使用許諾は、お客さまに対して、対象コンテンツにかかるいかなる権利の譲渡または移転を認めるものではなく、本条に定める範囲を超えての対象コンテンツの利用または使用を認めるものではありません。
  • (3)ドコモは、月額コースで提供される各種情報および対象コンテンツなどの正確性、有用性、完全性等を保証するものではなく、使用目的への適合性、使用結果にかかわる適格性および信頼性について保証するものではありません。
  • (4)お客さまは、自己の費用と責任において、対象コンテンツをお客さまの月額コースに対応した端末(ドコモが別途指定するものとし、以下「月額コース対応端末」といいます。)において使用するものとします。なお、ドコモは、対象コンテンツが全ての月額コース対応端末に対応することを保証するものではありません。また、月額コース対応端末であっても、機種によっては一部のサービス(機能)をご利用いただけない場合があります。
  • (5)お客さまは、対象コンテンツの使用にあたり、次の各号に定める事項を遵守するものとします。
    ①お客さまは、第1項に定める範囲を超えて対象コンテンツを利用または使用してはなりません。
    ②お客さまは、対象コンテンツの全部または一部を複製、改変、改ざんし、または逆コンパイル、逆アセンブル等のリバースエンジニアリング(主に、「内容を解析して、人間が読み取り可能な形に変換すること」を指します。)を行ってはなりません。
    ③お客さまは、対象コンテンツに付されている著作権表示その他の権利表示を除去または変更してはなりません。
    ④お客さまは、対象コンテンツの全部または一部を、有償、無償を問わず第三者に販売、頒布、公衆送信(自動公衆送信の場合にあっては、送信可能化を含みます。)、貸与、譲渡、再使用許諾もしくは開示し、または担保設定、リースその他処分をしてはなりません。
    ⑤お客さまは、対象コンテンツを、ドコモもしくは第三者の著作権等の知的財産権その他の権利を侵害する行為、公序良俗に反する行為、犯罪を構成する行為もしくは法令に違反する行為、またはそれらのおそれのある行為に利用または使用してはなりません。なお、お客さまが本規約等の定めに違反して対象コンテンツを利用または使用したことにより第三者との間で当該第三者の権利を侵害した、または侵害するおそれがあるとして紛争等が生じた場合は、お客さま自身の責任において当該紛争等を解決するものとし、これによりドコモが損害を被った場合には、ドコモは、自らが被った当該損害につき、その賠償をお客さまに請求できるものとします。
    ⑥お客さまは対象コンテンツを、本条において認められた範囲で、個人的かつ非商業的な利用に限り使用することができるものとし、営利目的のために利用または使用してはなりません。
  • (6)対象コンテンツの内容および品質は、お客さまが月額コースにおいて対象コンテンツを視聴される時点でドコモが合理的に提供可能な範囲のものとします。対象コンテンツに本規約に定める内容に適合しない点(以下「契約不適合」といいます。)がある場合においてドコモが契約不適合責任を負う期間は、お客さまが各対象コンテンツを視聴可能である期間に限るものとし、お客さまが、当該期間内にドコモに対しドコモ所定の方法によりご連絡された場合に限り、ドコモは代替となる対象コンテンツ(同一の対象コンテンツに限りません。以下同じとします。)を提供するものとします。ただし、お客さまが代替となる対象コンテンツを視聴することができないときは、ドコモは、1ヶ月分の月額コース利用料及び当該月額コース利用料にかかる消費税相当額を上限として当該対象コンテンツの対価相当額をお客さまに返金します。
  • (7)月額コースをご利用のお客さまのご契約回線について、お客さまとドコモとの間のspモードの利用にかかる契約が終了した場合、電話番号保管の申込みがあった場合、月額コース利用契約は当該時点をもって終了するものとし、お客さまは、当該時点以後は対象コンテンツを視聴することはできません。
  • (8) 月額コースに関してお客さまに発生した損害がドコモの故意または重大な過失による場合、本規約においてドコモを免責し、または責任を制限する規定は適用しません。
第5条(対価等の支払について)
  • (1)月額コース利用料は、月額934円(税抜)とします。
  • (2)月額コース利用料は、課金対象となる月数に応じてひと月単位でお支払いただきます。月額コース利用料のお支払方法は「ドコモ払い」の「継続課金」のみとなります。お客さまは、月額コース利用料を、ドコモが定めるspモードご利用規則等に基づき「ドコモ払い」での商品等購入代金としてお支払いいただくことを承諾していただきます。
    ※携帯電話料金のお支払状況その他ドコモが別に定める事由によっては、「ドコモ払い」をご利用になれない場合があります。
  • (3)お客さまは、「ドコモ払い」の「継続課金」の解除手続を行うことにより、月額コース利用契約を解約することができます。
  • (4)月額コース利用料は、前項の定めにかかわらず日割しません。お客さまが月途中で月額コースを契約され、又は解約された場合であっても、1ヶ月分の月額コース利用料をお支払いただきます。
第6条(dポイントの進呈等について)
  • (1)お客さまが、ドコモが別に定める「dポイントクラブ会員規約」(以下「dポイントクラブ会員規約」といいます。)に定める会員(以下「dポイントクラブ会員」といいます。)である場合、お客さまの月額コース利用契約が存続している間、月額コースは、dポイントクラブ会員規約に定めるポイント提供対象サービスとなり、dポイントクラブ会員規約に基づく進呈率及び計算方法により、お客さまにdポイントが進呈されます。
  • (2)前項に基づくdポイントの進呈のほか、ドコモは、ドコモが自ら企画する月額コースにおける施策等により、dポイントクラブ会員であるお客さまに対して、dポイントを進呈する場合があります。これらの施策等を実施する場合には、それぞれの内容の詳細について、月額コースサイトにてお客さまに周知します。
  • (3)本条に定めるdポイントの進呈および進呈されたdポイントの利用に関する条件等は、本規約又はドコモが別に定める事項を除き、dポイントクラブ会員規約が適用されます。
第7条(お客さまの情報の取扱い)
  • (1)ドコモは、月額コースの運営に関連して取得したお客さまの個人情報をドコモが別に定める「お客様の個人情報に関するプライバシーポリシー」に従って取り扱います。
  • (2)ドコモは、お客さまが視聴された対象コンテンツ、対象コンテンツを視聴した日時および回数等、月額コースの提供に当たり取得したお客さまの情報を、月額コース以外のサービス等の提供のために、前項に定める範囲で用いる場合があります。
  • (3)ドコモは、お客さまに月額コースを便利にお使いいただくため、ご住所、生年月日の一部などのお客さまのプロフィールに関する情報、お客さまの視聴履歴、お気に入り登録履歴などのお客さまの情報、当該情報に応じた対象コンテンツに関するおすすめ情報などを、パスワード確認等の認証をすることなく、お客さまの端末画面上に表示することがあります。
  • (4)ドコモは、お客さまが視聴された対象コンテンツおよびその視聴回数にかかる情報を、お客さまのユーザIDなどのお客さま個人を特定する情報を削除した上で、当該対象コンテンツの提供元である権利者その他第三者に提供することがあります。
第8条(月額コースの提供中止等)
  • (1)ドコモは、お客さまが次の各号のいずれかに該当する場合には、月額コースの全部または一部の機能の提供を中止することがあります。
    ①月額コース利用料その他の債務をその支払期限を経過してもなお支払いただけない場合(ドコモが当該月額コース利用料その他の債務に係るドコモの債権をNTTファイナンス株式会社に譲渡した場合であって、同社へのお支払がないときを含みます。)
    ②ドコモまたは第三者の著作権その他の権利を侵害する、または侵害するおそれのある行為を行ったことが判明した場合
    ③他のお客さま、第三者もしくはドコモに不利益もしくは損害を与える、またはそのおそれがある行為を行ったことが判明した場合
    ④月額コースの運営を妨げる行為を行ったことが判明した場合
    ⑤その他犯罪的行為もしくは犯罪的行為に結びつく行為、違法な行為、公序良俗に反する行為またはそれらのおそれがある行為を行ったことが判明した場合
    ⑥その他ドコモが不適切と判断する行為を行ったことが判明した場合
  • (2)ドコモは、前項に基づき月額コースの提供を中止するときは、あらかじめその理由および中止をする日を月額コースサイト上での通知またはその他ドコモが適当と判断する方法によりお客さまに通知します。ただし、緊急やむを得ない場合はこの限りではありません。
  • (3)ドコモは、次の各号のいずれかに該当する場合、事前にお客さまに通知または周知することなく、月額コースの全部または一部の機能の提供を中断または停止することができるものとします。
    ①月額コースにかかるシステムその他dマーケットにかかる機器、設備またはシステム等の保守上または工事上やむを得ない場合
    ②火災・停電等の事故、地震・洪水等の天災、戦争、暴動、労働争議等により、月額コースの運営ができなくなった場合
    ③月額コースにかかるシステムの障害等により、月額コースの運営ができなくなった場合
    ④災害の予防もしくは救援、交通、通信もしくは電力の供給の確保または秩序の維持に必要な通信その他公共の利益のために緊急を要する場合
    ⑤対象コンテンツにかかる権利者等からの申し出があった場合
    ⑥その他ドコモが運用上または技術上月額コースの提供の中断または停止が必要であると判断した場合
  • (4)ドコモは、ドコモが適当と判断する方法により事前にお客さまに通知または周知することにより、月額コースの提供を終了することができるものとします。
  • (5)ドコモは、本条に基づく月額コースの全部もしくは一部の機能の提供の中断、停止もしくは中止または月額コースの提供終了等により、お客さまが損害を被った場合でも、責任を負わないものとします。
第9条(反社会的勢力の排除)
  • (1) お客さまは下記のいずれかに該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを表明し、保証するものとします。
    ① 自ら(法人その他の団体にあっては自らの役員を含みます)が、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等その他これらに準じる者(以下総称して「暴力団員等」といいます)であること
    ② お客さまが法人その他の団体の場合にあっては、暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
    ③ お客さまが法人その他の団体の場合にあっては、暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
    ④ 自ら若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
    ⑤ 暴力団員等に対して資金を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
    ⑥ お客さまが法人その他の団体の場合にあっては、自らの役員又は自らの経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
  • (2) お客さまは、自ら又は第三者を利用して次の各号のいずれか一にでも該当する行為を行わないことを保証するものとします。
    ① 暴力的な要求行為
    ② 法的な責任を超えた不当な要求行為
    ③ 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
    ④ 風説を流布し、偽計を用い、又は威力を用いて、ドコモの信用を毀損し、又はドコモの業務を妨害する行為
    ⑤ その他前各号に準ずる行為
附則
本規約におけるビジネスdアカウントに関する規定は、当社が別途定めるビジネスⅾアカウント規約発効日から適用します。
以上
2013年4月22日制定
2013年9月20日改定
2013年12月1日改定
2014年4月1日改定
2015年12月1日改定
2020年3月25日改定
2020年9月16日改定